めじろ台駅5分、仙腸関節が原因の腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛は当院へ

AKA療法(関節運動学的調整)

たちの関節は、曲げたり、伸ばしたり、横に倒したり、捻ったりという動きをします(骨運動)。



その関節の動きに伴って、数mmの滑る、回る、捻るといった小さな動きが生じるのですが、これを「副運動(ふくうんどう)」といいます。



副運動には、関節の動きの範囲の最終で、動きが止まるときに小さく動く「副運動1型」と、関節の動きの範囲の中間で、関節が一番緩んでいるときに小さく動く「副運動2型」があります。



この副運動は「関節の遊び」と表現され、車のハンドルで例えるなら、車のハンドルを離すと少し動くようなものです。




AKA療法(関節運動学的調整)





この副運動に異常が起きますと、いわゆる「関節がひっかかる」「関節がロックされる」などの関節自体の動きが制限され、痛み、しびれ、こり、筋肉の過緊張などの症状を起こすことがあります。



これを「関節の機能異常」といいます。



関節の機能異常は、まわりの筋肉の緊張が原因で起こるもの、関節そのものが原因で起こるものがあります。



また、関節の機能異常は、動きの少ない関節に起こるのが特徴で、例えば・・・




・ 仙腸関節(骨盤にある関節) ⇒ 腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、足のしびれ など


・ 首の関節(頚椎) ⇒ 肩こり、手や腕のしびれ など


・ 背骨の関節(胸椎) ⇒ 背中の痛み など


・ 足首の関節(距骨下関節) ⇒ 足首の痛み、足先のしびれ など




などになります。



一部の整形外科で腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、足のしびれなどの症状に「AKA-博田法(関節運動学的アプローチ)」という仙腸関節の手技があります。



これは仙腸関節の機能異常で、関節の動きの範囲の中間で、関節が一番緩んでいるときに小さく動く「副運動2型」を利用した方法で、施術者の手で仙腸関節に数mmの動きを出していき、施術を受けている方は触っているだけの刺激しか感じなく、非常にソフトです。



当院院長の長年の経験では、「副運動2型」を利用した治療だけでは、関節の機能異常に伴う症状が軽減しないこともあることから、当院では、一部の整形外科専門のお医者さんが行っている「AKA-博田法(関節運動学的アプローチ)」を参考に、関節の動きの範囲の最終で、動きが止まるときに小さく動く「副運動1型」を利用した、仙腸関節中心の施術を行っていきます。



これを当院では、「AKA-IM療法(Arthro Kinematic Adjustment – ishii method 関節運動学的調整 – イシイ法)」といいます。



もちろん、施術を受けている方にはストレスがなくソフトな刺激で行います。



わからないことも多くあると思いますので、腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛はもちろんのこと、肩こり、膝の痛み、肩の痛みなどにお困りの方は、是非お気軽にご相談ください。




詳しい料金はこちら




186

はりきゅう整骨院イシイ

【住所】 東京都八王子市めじろ台3-37-7-1F
【アクセス】 京王高尾線「めじろ台」駅徒歩5分
【診療時間】 月~土/9:30~13:00、15:30~20:00 日・祝/10:00~18:00(予約制)
【休診日】 木曜

042-629-9122

はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

facebook

twitter

line

お知らせ

2018.9.23
9/24(祝)の予約状況は、12:30~13:30(最大2名)・14:00~16:30(最大5名)の時間帯に予約の空きがございます。ご希望の方はお問い合わせ… NEW
2018.8.31
2018年9月の休診日は、毎週木曜日と12日(水)になります。なお、9/12(水)は研修会参加のため休診となります。 NEW
2018.1.5
2018年より平日・土曜(木曜は休診)営業に当院に初めてご来院されるご新規の予約がお取りできることとなりました。

FACEBOOK

  • はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

  • facebook

  • line

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop