めじろ台駅5分、仙腸関節が原因の腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛は当院へ

急性腰痛(ぎっくり腰)

急性腰痛(ぎっくり腰)とは、突然に腰まわりが痛くなるものをいいます(お尻や背中が痛くなっても腰痛という人も中にはおります)。



急性腰痛(ぎっくり腰)は、以下のようなことで起こりやすくなります。




・ 重たい物を持ち上げた


・ 長時間座って作業をしていた


・ 中腰の姿勢で作業をしていた


・ 長時間車を運転していた


・ 急にスポーツなどで激しく動いた など




急性腰痛(ぎっくり腰)は、以下の3つの組織を主に痛めてしまうことが多いです。




① 腰まわりの筋肉


② 背骨の関節(椎間関節)


③ 仙腸関節(せんちょうかんせつ)




①~③の特徴の詳しくは、下記をクリックしてご覧ください↓




腰痛症のメニューページ




急性腰痛では炎症が強い場合は、どの動作をしても痛くなることがあります。



①~③以外に、背骨と背骨を連結させている靭帯(じんたい)、背骨と背骨の間のクッション作用のある椎間板(ついかんばん)なども急性腰痛の原因となります。



中には、急性腰痛(ぎっくり腰)で来院されて、椎間板ヘルニアなどの背骨から出ている神経が刺激されて、坐骨神経痛のような症状が強い場合もあります。



そういった意味で当院では、まずどこの場所を痛めているのか、患者様のお話しを伺ってからお身体の検査を行い、本当に急性腰痛(ぎっくり腰)を起こしているか?、どこを痛めているのか?を評価して、治療方針を決めさせて頂いております。



治療内容としては以下のようなものがあります。




・ 電気治療


・ 冷やす治療・温める治療


・ キネシオテーピング


・ トリガーポイントほぐし


・ 鍼治療(はりちりょう)


・ GAPカイロ整体


・ AKA-IM治療(関節包内調整)


・ 体操法(できる場合)  など




を行っております。



どの治療がよいかは患者様の状態やご希望によって決めさせて頂いております。



急性腰痛(ぎっくり腰)には「痛みのピーク時間」というものがあり、30歳以下の方で24時間(1日)、40歳以上の方で48時間(2日)、30歳代ではそのどちらかになります。



基本的に痛みのピーク時間が過ぎれば、治療することにより徐々に痛みが改善していくことが多いです。



急性腰痛(ぎっくり腰)は、早く治療をしていけば治っていくのも早くなることが多く、放って置きますと痛みも長引いてしまったり、慢性腰痛の原因にもなりますので、早めに治療をしていくことが大事です。



痛みを我慢しないようにしましょう!



急性腰痛(ぎっくり腰)でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。




※ 詳しい治療内容はこちらをクリックしてご覧ください!




急性腰痛(ぎっくり腰)②

はりきゅう整骨院イシイ

【住所】 東京都八王子市めじろ台3-37-7-1F
【アクセス】 京王高尾線「めじろ台」駅徒歩5分
【診療時間】 月~土/9:30~13:00、15:30~20:00 日・祝/10:00~18:00(予約制)
【休診日】 木曜

042-629-9122

はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

facebook

twitter

line

お知らせ

2018.7.15
7/16(祝)の予約状況は、13:30~16:00まで(最大5名)に空きがございます。ご希望の方は当院までお問い合わせください。 NEW
2018.7.1
2018年7月の休診日は、毎週木曜日と22日(日)になります。なお、7月22日(日)はスタッフのセミナー参加のため休診となります。 NEW
2018.1.5
2018年より平日・土曜(木曜は休診)営業に当院に初めてご来院されるご新規の予約がお取りできることとなりました。

FACEBOOK

  • はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

  • facebook

  • line

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop