めじろ台駅5分、仙腸関節が原因の腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛は当院へ

痛み

当院では、腰痛・坐骨神経痛以外の治療も当然行っております。



主に運動器系(骨、筋肉、腱(けん)、関節、神経)の症状が治療対象になります。



症状としては、痛み、だるさ、しびれ、こり感、張り感、その他です。



とくに多いのは「痛み」でご来院される方が多いので、痛みについてお話しさせて頂きます。




痛み(腰痛サイト)①




痛みとは、感覚として「痛い」と感じるものと、心の動き(情動)として感じる2つがあり、医学的には、どこかに損傷を受けたとき、それが脳に伝えられる「警告のための電気信号」になります。



つまり、脳は受けた信号を読み解いて「痛い」と感じ、体の異常を知らせてくれるサインなのです(目覚まし時計みたいなもの)。



痛みを感じる神経の先端には「痛みセンサー(痛み受容器)」というものがあり、いうなれば火がついているときに感知する「火災報知器(かさいほうちき)」みたいなものです。



痛みセンサーが存在する体の場所は、血管のある場所になり、主に皮膚にある「真皮(しんぴ)」、骨の表面にある「骨膜(こつまく)」、筋肉の表面にある「筋膜(きんまく)」、関節を覆っている「関節包(かんせつほう)」、腱の表面にある「腱鞘(けんしょう)」にあります。



すなわち、それらの痛みセンサーが刺激されることによって、皮膚の痛み、骨の痛み、筋肉の痛み、関節の痛み、腱の痛みとなるのです。




痛み(腰痛サイト)②




痛みセンサーは、血流が悪くなり「酸素が欠乏」すると刺激され、すなわち、痛みは患部に酸素がなくなると発生します。



これは、損傷、使い過ぎ、不良姿勢など負荷がかかってくると起こりやすくなります。



となりますと治療は、患者様に合った様々な方法で酸素を行きやすくしていきます。



また痛みは、痛みセンサーの刺激だけでなく、痛みの経過が長いと脳で痛みの感覚を覚えてしまうという現象が起こり、痛みの悪循環、脳で痛みを抑制する電気信号が鈍くなることがあります。



したがって、急性の痛みのときに治療をすれば、痛みを緩和する可能性が高くなります。



しかし、慢性の痛みが緩和しないということではなく、痛みの状態によっては時間がかかることもありますが、しっかり治療をすれば改善する可能性も高くなります。



ですので、痛みが取れないと諦めず、しっかり治療をしていきましょう!




詳しい当院の痛みは、以下が対象になります。




【痛み(腰痛・坐骨神経痛以外)】


  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 腕の痛み
  • 肘の痛み
  • 手首の痛み
  • 指の痛み
  • 背中の痛み
  • 股関節の痛み
  • 太ももの痛み
  • 太ももの後ろの痛み
  • 膝の痛み
  • 足首の痛み
  • ふくらはぎの痛み
  • 足裏・足の甲・足の指の痛み
  • 頭 痛
  • 神経痛(肋間神経痛・首の神経痛・帯状疱疹後の神経痛)
  • ねんざ
  • 肉ばなれ  
  • 打ぼく   など




当院では、内科の病気についても勉強し知識の向上に努めているので、どのような些細な痛みでも結構ですので、まずはお気軽にご相談ください。





腰痛・坐骨神経痛以外の症状はこちら




155

はりきゅう整骨院イシイ

【住所】 東京都八王子市めじろ台3-37-7-1F
【アクセス】 京王高尾線「めじろ台」駅徒歩5分
【診療時間】 月~土/9:30~13:00、15:30~20:00 日・祝/10:00~18:00(予約制)
【休診日】 木曜

042-629-9122

はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

facebook

twitter

line

お知らせ

2018.7.15
7/16(祝)の予約状況は、13:30~16:00まで(最大5名)に空きがございます。ご希望の方は当院までお問い合わせください。 NEW
2018.7.1
2018年7月の休診日は、毎週木曜日と22日(日)になります。なお、7月22日(日)はスタッフのセミナー参加のため休診となります。 NEW
2018.1.5
2018年より平日・土曜(木曜は休診)営業に当院に初めてご来院されるご新規の予約がお取りできることとなりました。

FACEBOOK

  • はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

  • facebook

  • line

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop