めじろ台駅5分、仙腸関節が原因の腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛は当院へ

仙腸関節(せんちょうかんせつ)

仙腸関節(せんちょうかんせつ)という関節を聞いたことがありますか?



近年、腰痛や坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)の治療で注目されている関節です。



仙腸関節とは、人間の体の中心にある関節で、背骨の一番下にある「仙骨(せんこつ)」と、骨盤をつくっている「腸骨(ちょうこつ)」という骨で成り立っている関節です(下記の図を参照)。




仙腸関節の治療(新ホームページ)の部分が仙腸関節(せんちょうかんせつ)




この仙腸関節は、姿勢に関与しており、また背骨の重さ(上半身)を支えると同時に、歩くときなどに脚(下半身)の動きを支えている関節です。



以前は動かない関節とされてきましたが、近年、数mmほど動くことが科学的に明らかとなり、個人差はありますが、最大で約1~3mm動くとされています。



この数mmほど正常に動く仙腸関節が何らかの原因で関節の動きが悪くなり、いわゆる「関節がひっかかる」「関節がずれる」状態となって腰痛または坐骨神経痛を引き起こすことがあります。



また、関節がひっかかる状態になりますと、仙腸関節周辺の筋肉や関節(背骨の椎間関節や股関節)などの組織にも連鎖して硬くなり、背筋が伸びなかったり、足がしびれるなどの症状が出ることがあります。



このような症状の方は、仙腸関節が原因の可能性があります↓




・ 長時間座っていると腰が痛い


・ 車の運転をしていると腰が痛い


・ ベッドから起き上がった時に腰が痛い


・ 腰を反らすと痛い


・ 腰が伸ばしづらい、または痛くて伸ばせない


・ 整形外科でのレントゲン検査で異常がないが腰や脚が痛い


・ 原因がなく脚がしびれる


・ 整形外科で「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」「すべり症」と言われた  など




仙腸関節は、脚(もも)を90°以上上げたときに動きますが、私たちの日常生活で仙腸関節を動かすような生活動作はしていないのが現状です。



仙腸関節を動かさないということは(長時間同じ姿勢をとり続けるなど)、仙腸関節がひっかかったり、ずれたりしてしまうことがあります。



そういう状態になってしまうと、腰痛や坐骨神経痛が起こりやすくなってしまい、また自分で仙腸関節を動かすような動作をしても取り除くことは難しくなります。



そのため、施術で仙腸関節のひっかかりやずれを取り除くしか方法はありません!



仙腸関節がひっかかったり、ずれたりして腰痛や坐骨神経痛を起こしている状態のことを「仙腸関節の機能異常(せんちょうかんせつのきのういじょう)」といいます。



当院では、仙腸関節の機能異常を改善するための治療を行っております。



仙腸関節の治療は大変難しいため、誰でもできるというものではなく長年の治療経験がないと上手くいかないのが現状です。



当院の施術スタッフは、仙腸関節の知識・技術をしっかり学び、そして長年の治療経験により仙腸関節の治療を得意としてます。



腰痛・坐骨神経にお悩みの方は、是非一度当院にお越し頂くか、お気軽にお問い合わせください。




※ 詳しい治療内容はこちらをクリックしてご覧ください!




76

はりきゅう整骨院イシイ

【住所】 東京都八王子市めじろ台3-37-7-1F
【アクセス】 京王高尾線「めじろ台」駅徒歩5分
【診療時間】 月~土/9:30~13:00、15:30~20:00 日・祝/10:00~18:00(予約制)
【休診日】 木曜

042-629-9122

はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

facebook

twitter

line

お知らせ

2018.7.15
7/16(祝)の予約状況は、13:30~16:00まで(最大5名)に空きがございます。ご希望の方は当院までお問い合わせください。 NEW
2018.7.1
2018年7月の休診日は、毎週木曜日と22日(日)になります。なお、7月22日(日)はスタッフのセミナー参加のため休診となります。 NEW
2018.1.5
2018年より平日・土曜(木曜は休診)営業に当院に初めてご来院されるご新規の予約がお取りできることとなりました。

FACEBOOK

  • はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

  • facebook

  • line

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop