めじろ台駅5分、仙腸関節が原因の腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛は当院へ

治療院ブログ

60~80歳代の腰痛の特徴

2018年5月28日 (月) 16:44

この年代になりますと、仙腸関節や背骨が硬くなりやすく動きの滑らかさが低下していきます。



そのような状態で無理な動きをすると、腰に負担がかかり腰痛になることが多いです。



また仙腸関節や背骨に不具合が生じると、その不具合に気づかないまま放置してしまい、楽に治るはずの腰痛が治りにくくなることも時としてあります。




60~80歳代の腰痛の特徴①




そうやって腰痛を抱えたまま多くが「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」「腰椎すべり症」になる原因と考えられています。



老年期に入ると、腰痛の有無にかかわらず腰の背骨(腰椎)に変形が起こってきます。



いわゆるレントゲンやMRIで「背骨と背骨の隙間が狭い」とお医者さんに言われるのがそうですが、だからといって必ずしも腰痛の原因とは限りません。



昨今は健康ブームにより、「腰痛に効く」という情報により腰痛体操や運動を試した結果、逆に腰痛になってしまうこともご高齢の方に多く起こる特徴です。



腰痛体操や運動は効果的なこともありますが、腰痛の状態によっては逆効果のこともありますので、一度専門の方にみてもらった方がいいでしょう。




60~80歳代の腰痛の特徴②





腰痛が起こって整形外科に行き、レントゲンなどの検査をしてお医者さんによっては「年だから仕方ない」と言われた人もいると思います。



この対応は「では、どうすれば?」を考えた時に何もできないと思いませんか?



言い換えれば、手のほどこしいようがないと言っているようなものです!



腰痛だけに限らず、年齢と遺伝が原因と言われたら正直対処ができないのが事実で、また腰痛に対しては年だから改善しないということは大間違えです!



脊柱管狭窄症、腰椎すべり症と診断された方、この2つの疾患は必ずしも腰痛の直接的な要因ではありません。




脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)について詳しくはこちら



腰椎すべり症について詳しくはこちら




年だから取れないと思って諦めずに、しっかり腰痛を治療して素晴らしい日常生活が送れるよう目指していきましょう。



参考にして頂ければと思います。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 腰痛・坐骨神経痛

はりきゅう整骨院イシイ

【住所】 東京都八王子市めじろ台3-37-7-1F
【アクセス】 京王高尾線「めじろ台」駅徒歩5分
【診療時間】 月~土/9:30~13:00、15:30~20:00 日・祝/10:00~18:00(予約制)
【休診日】 木曜

042-629-9122

ブログカレンダ−

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

facebook

twitter

line

お知らせ

2018.10.15
10/21(日)の予約状況は、ただいま10:30~15:00(最大9名)・16:00~17:00(最大2名)に空きがございます NEW
2018.10.3
2018年10月の休診日は毎週木曜日と17日(水)になります。なお、10/17(水)は研修会参加のため休診となります。 NEW
2018.1.5
2018年より平日・土曜(木曜は休診)営業に当院に初めてご来院されるご新規の予約がお取りできることとなりました。

FACEBOOK

  • はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

  • facebook

  • line

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop