めじろ台駅5分、仙腸関節が原因の腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛は当院へ

治療院ブログ

30~50歳代の腰痛の特徴

2018年5月26日 (土) 11:17

30~50歳代の腰痛を体験している人は、2人に1人いるといわれています。



中年期から熟年期に差しかかるこの年代は、骨や筋肉の量のピークを越えて老いの兆候がでるため、若いときに比べて体力がなくなり、回復力も落ちてきます(だからといって、痛みが取れないということではありません)。



それは骨、筋肉だけでなく関節も同じで、関節は30歳代頃から少しづつ老化が始まり、動きが悪くなります。



しかし、多くの人はそのことに気づかずに昔と同じ動きをしてしまい、腰痛を起こしてしまうことがあります。




30~50歳代の腰痛の特徴①




40歳を過ぎると骨の変形が出始め、よく「背骨の骨と骨の間が狭くなっている」と整形外科で言われた人がいると思いますが、それが変形です。



しかし、それが必ずしも腰痛の原因とは限りません!



働き盛りの世代で、長時間のデスクワーク、車の運転など日常生活で腰の負担のストレスおよび、心理的ストレスになる状況が多く、そのうえ仕事が忙しいためか、そのまま腰痛を放置したり、痛み止めの薬でその場をしのいでいる方が多いです。



その結果、腰痛が慢性化しているケースが多くみられます。




慢性腰痛の原因①





腰痛が慢性化しているとしても、急性の腰痛になることがあり、前かがみで痛い、後ろに反ると痛い、時には足がしびれるなどの症状がでます。



その場合、仙腸関節が原因のことが多く、仙腸関節のひっかかりを取って動きを滑らかにすることで改善することが多いです。



また軽い運動をしたり、医学的根拠のある腰痛体操を日常生活で行っていくのも効果的なことも多いです。



腰痛でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。



参考にして頂ければと思います。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 腰痛・坐骨神経痛

はりきゅう整骨院イシイ

【住所】 東京都八王子市めじろ台3-37-7-1F
【アクセス】 京王高尾線「めじろ台」駅徒歩5分
【診療時間】 (予約優先)月・火・金/9:30~13:00、15:30~20:00 水/9:30~14:00 土・日/10:00~18:00
【休診日】 木・祝日

042-629-9122

ブログカレンダ−

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

facebook

twitter

line

お知らせ

2019.1.6
2019年1月のお休みは、毎週木曜と14日(祝)になりますまでとなります。 NEW
2018.12.25
2019年1月から予約優先でのご案内となります。予約の混雑状況によっては、お受けできないことや予約の空いている時間にご案内させて頂きます… NEW
2018.12.25
2019年1月から営業時間が変更になります。変更日は、祝日が定休日、水曜が9:30~14:00まで、土曜が10:00~18:00までとなります。 NEW

FACEBOOK

  • はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

  • facebook

  • line

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop