めじろ台駅5分、仙腸関節が原因の腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛は当院へ

治療院ブログ

10~20歳代の腰痛の特徴

2018年5月25日 (金) 16:06

腰痛は、老若男女に関わらず起こる症状で、日本の国民生活基礎調査での腰痛の訴えは第1位となっております。



そこで年齢別での腰痛の特徴をご紹介します。




10~20歳代の腰痛の特徴①




まずは、10~20歳代の腰痛の特徴は、「我慢して悪化している」「我慢して痛みが強くなっている」ケースが多くみられます。



10~20歳代前半で最も多いのは、部活動などの「スポーツでの腰痛」です。



激しい運動によって腰をひねるなど何かが原因で起こる急性の腰痛が多く、治療をすれば早く治るものが多いのですが、この年代は骨や筋肉の量が多く、体力の回復も早いので「そのうちよくなるだろう」と我慢しながらスポーツを続けて、腰痛が悪化してしまうケースがみられることがあります。



20歳代半ばから後半になりますと、多くの人が社会に出ることから労働などによる「ぎっくり腰」が増えることが多いです。



また、女性では子育てによる腰痛がみられるのが特徴です。



赤ちゃんを抱っこする時にとる姿勢が腰に負担がかかり、腰痛の原因になるからです。




10~20歳代の腰痛の特徴②




これらの腰痛は、筋肉、腰の椎間関節(背骨と背骨の間の関節)、仙腸関節(せんちょうかんせつ)が原因のことが多くあります。



ただ、10歳代のスポーツでの腰痛の場合、「腰椎分離症(ようついぶんりしょう)」といわれる疲労骨折のことがあり、最悪の場合、スポーツを止めてしまうこともあるので注意が必要です。



大事なことは、腰痛を放置しますと慢性化することがありますので、放置せずに早めに治療して、早く改善をしていきましょう!



参考にして頂ければと思います。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 腰痛・坐骨神経痛

はりきゅう整骨院イシイ

【住所】 東京都八王子市めじろ台3-37-7-1F
【アクセス】 京王高尾線「めじろ台」駅徒歩5分
【診療時間】 月~土/9:30~13:00、15:30~20:00 日・祝/10:00~18:00(予約制)
【休診日】 木曜

042-629-9122

ブログカレンダ−

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

facebook

twitter

line

お知らせ

2018.10.15
10/21(日)の予約状況は、ただいま10:30~15:00(最大9名)・16:00~17:00(最大2名)に空きがございます NEW
2018.10.3
2018年10月の休診日は毎週木曜日と17日(水)になります。なお、10/17(水)は研修会参加のため休診となります。 NEW
2018.1.5
2018年より平日・土曜(木曜は休診)営業に当院に初めてご来院されるご新規の予約がお取りできることとなりました。

FACEBOOK

  • はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

  • facebook

  • line

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop