めじろ台駅5分、仙腸関節が原因の腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛は当院へ

治療院ブログ

腰痛には安静が大事?

2017年8月29日 (火) 13:44

腰痛の常識のウソ ①



日本で腰痛に悩まれている方は約2800万人、日本人の4人に1人に及ぶともいわれています。


日本の国民生活基礎調査の症状の訴えでも腰痛は第1位で、いまでは国民病といっても過言ではありません。


時代が変わるとともに腰痛の医学も進歩し、古くから腰痛の常識といわれていたことが間違えのことも多くあります。


これからお話しする内容は、日本腰痛学会の腰痛に対しての科学的な根拠の研究、当院で腰痛の患者様を治療してきたデータ、個人的な腰痛治療の経験などに基づいたものになりますので、参考にして頂ければと思います。




・ 腰痛には安静が大事?



腰痛の中でも「ぎっくり腰」にいえることですが、ぎっくり腰とは、簡単にいいますと「急性腰痛」のことで、程度は軽症から重症まであります。


重症のぎっくり腰は、生活が困難なほどつらい状態になることもあります。


安静が大事かどうかは、フィンランドの腰痛研究者が実施された研究が科学的な根拠を示してます。



① 2日間、安静で寝てる


② 腰を反ったり、横に倒したりなどのストレッチする


③ できる限りの範囲で動かしながら日常生活を続けてもらう



これは、ぎっくり腰(急性腰痛)の患者様186名を対象とし、上記の3つのグループに分けて経過を追った研究になります。


皆さんは、①~③のどれがぎっくり腰(急性腰痛)の回復が早いと思いますか・・・?


結果・・・


最も回復が早かったのは③で、最も回復が遅かったのは①だったそうです。


したがって、ぎっくり腰(急性腰痛)は安静にするよりもできる限りの範囲で動かしながら日常生活を続けたほうが早く完治するという証明になったといえます。


数十年前は、ぎっくり腰(急性腰痛)は絶対安静といわれてきました。


私も以前は、そのように指導され患者様の腰痛治療をしてきましたが、いま振り返ると患者様にもよりますが、ぎっくり腰(急性腰痛)が完治するのに1ヶ月ぐらいかかっていた患者様が多かった気がします。


ちなみに、ぎっくり腰(急性腰痛)は一般的に1週間で50%の人が完治、2週間以内で90%の人が完治するといわれています。


当院では、ぎっくり腰(急性腰痛)の患者様が多く来院されますが、「痛みがあっても、無理のない範囲で日常生活を送ってください」とご指導しています。


そうすると、ぎっくり腰(急性腰痛)の状態にもよりますが、平均1~2週間以内で完治している患者様が多くいます。


完治が遅くなりますと、職場復帰などに時間がかかってしまったり、慢性腰痛などの原因にもなってしまう恐れがあるため注意が必要です。


安静にし過ぎてはいけません!


まとめますと・・・


科学的な根拠に100%はありませんが、根拠と経験からぎっくり腰(急性腰痛)は安静にせず、できる限りの範囲で動かしながら日常生活を送るほうが治りが早いということになります!


以上です。


最後までお読み頂きありがとうございました。



常識とされていた腰痛のウソ①

カテゴリー: 腰痛の常識のウソ

はりきゅう整骨院イシイ

【住所】 東京都八王子市めじろ台3-37-7-1F
【アクセス】 京王高尾線「めじろ台」駅徒歩5分
【診療時間】 月~土/9:30~13:00、15:30~20:00 日・祝/10:00~18:00(予約制)
【休診日】 木曜

042-629-9122

ブログカレンダ−

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

facebook

twitter

line

お知らせ

2017.12.13
12/17(日)の予約状況は、13:30~・16:00~・17:00~18:00(最大2名)に空きがございます。 NEW
2017.12.1
年末年始の営業は、12月31日(日)~ 2018年1月4日(木)が休診となります。なお、12月30日(土)は9:30~13:00の午前のみの営業となります。 NEW
2017.12.1
12月の休診日は、毎週木曜日と10日(日)、30日(土)の午後、31日(日)になります。なお、10日(日)は治療セミナー参加のため休診とさせ… NEW

FACEBOOK

  • はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

  • facebook

  • line

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop