めじろ台駅5分、仙腸関節が原因の腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛は当院へ

治療院ブログ

はしか

2018年5月11日 (金) 11:57

2018年5月11日現在、はしかが流行しているというニュースです!



海外の旅行者からのきっかけで、沖縄に流行し、愛知、埼玉、そして最近では東京の町田まで患者様がいるという報告があります。



そういった関係で、今回は「はしか」についてお話しさせて頂きます。




はしか①




そもそも「はしか」はしかとは、医学的に「麻疹(ましん)」といい、「麻疹ウイルス」の感染で起こります。



「はしか」の感染は、はしかに感染している人のせき・くしゃみなどの飛沫(ひまつ)、あるいは飛沫を浴びなくても空気中にただよっているウイルスを吸い込むことによって起こります(飛沫感染)



「はしか」に感染すると、10~14日ぐらいの潜伏期間(※  感染してから症状がでるまでの期間)をへて、38°以上の発熱、せき、のどの痛み、鼻水、発疹など症状を起こします。



「はしか」の特徴的な症状としては、発疹がでる前後1~2日間に、口の中の粘膜に白い発疹がでるのが特徴で、これをコプリック班といいます。



「はしか」は、脳炎や肺炎を合併する恐れもあり、最悪命にかかわることにもなります。




はしか②




今回なぜ流行したのでしょうか・・・?



「はしか」には予防接種があり、予防接種が不十分な世代の人がいるからだといわれています。



50歳以上の世代の人であれば、子どものころに「はしか」にかかり抗体(※  麻疹ウイルスに対してかかりづらい体になっている)ができていることが多いといわれ、また26歳以下の世代の人は、はしかの予防接種を2回受けている人が多いといわれています(1回の予防接種で約95%の人に抗体ができるといわれ、2回受けると99%以上の人が抗体ができるといわれています)。



「はしか」の予防接種が不十分な世代は、26~39歳の世代の方といわれています。



なぜなら、この世代の人達は当時の国の方針で、1度しか予防接種を受ける機会がなかったといわれ、中には受けていない人もいるそうです。



ただ、この世代の人達が必ず「はしか」に感染するということではありません。




沖縄で流行していた「はしか」ですが、現在は終息傾向にあるそうです。



今後、地域によっては流行する恐れがありますので、皆様気をつけてくださいね!



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。

カテゴリー: 豆知識

5月病

2018年5月7日 (月) 09:46

ホームページでのブログをご覧頂きありがとうございます。



施術スタッフの石井です。



今日からゴールデンウィーク明けで学校やお仕事が始まる方が多いと思います。



ゴールデンウィーク明けで多いのは「5月病」です!




5月病




5月病の症状は、うつ状態、無気力、焦り、不安感、不眠、疲労感、食欲不振、やる気がでない、人との関わりが辛いなどの様々あります。



5月病がなぜ起こるかは、「新しい生活環境に適応できない」、「ゴールデンウィーク中に疲れが一気に出る」、「長い休みの影響で学校や職場に行く気がなくなる」などが要因と考えられています。



とくにゴールデンウィーク明け頃に、心身の不調が出ることは多いです。



長い休み明けは誰でも心身は辛いもので、無理して頑張ると5月病になる可能性があるため、ゆっくり体を慣らして自分モードに切り替えていけばいいと思います。



逆にわざと忙しくして自分モードに切り替える方法もあります。



自分はそういうタイプですね(笑)



心身をこわさないために、無理せず頑張っていきましょう!



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら




_P0A5141

カテゴリー: 豆知識

2018年ゴールデンウィークの日曜・祝日の予約状況

2018年5月1日 (火) 18:21

2018年ゴールデンウィークの日曜・祝日の予約状況は以下の通りになります(10:00~18:00営業になります)。




・5/4(祝) ⇒ 12:00~18:00(最大11名)の時間帯に空きがございます。


・5/5(祝)  11:30~18:00(最大10名)の時間帯に空きがございます。


・5/6(日) ⇒ ただいま予約満了となっております。




予約が全て入った場合、ご案内が難しくなりますのであらじめご了承ください。



5/1(火)、5/2(水)は通常営業(9:30~13:00・15:30~20:00)となり、5/3(祝)は休診となりますので、お間違えのないようお願い致します。



5月は「5月病」というものがありますので、しっかり予防していきましょう!



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら




_P0A5099

カテゴリー: 当院の情報

2018年5月に突入!

2018年5月1日 (火) 12:14

今日から5月になりましたね!



ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?



5月は昼夜の寒暖の差が激しく体調が壊しやすくなる時期で、また、ゴールデンウイーク明けには「5月病」になりやすい時期でもあります。



そういった意味では、お身体の治療、予防をしっかり行っていきましょう!




_P0A5140




当院の5月のご案内です。



休診日は、毎週木曜(5/3(祝)も休診)になります。



5/4(祝)、5/5(祝)は10:00~18:00(予約制)で営業致します。



ちなみに予約は、まだまだ空きがありますので、ご希望の方はお気軽に当院までお問い合わせください(予約が全て入った場合は、ご案内できないこともありますのであらかじめご了承ください)。



では皆様、残りのゴールデンウイークライフを楽しくお過ごしください。



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら‣




_P0A5237




カテゴリー: 当院の情報

骨粗しょう症を予防するには?

2018年4月25日 (水) 13:30

「骨の密度の減少」つまり、骨がスカスカの状態になる「骨粗しょう症」は、日本での患者数は1,000万人以上で、50歳以上の女性の4人に1人が発症しているといわれています。



なぜ骨粗しょう症が問題になるのでしょうか・・・?



それは、転倒や軽い外力が加わっただけで大腿骨(太ももの骨)、背骨などに骨折を起こしてしまう危険があるからです。




骨粗しょう症を予防するには?①




2018年4月24日(火)放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の番組でも取り上げられた内容です。



骨粗しょう症の原因には、骨スカスカ物質「スクレロスチン」というものが関係しており、そのスクレロスチンの分泌が多いことが骨粗しょう症に影響があるとされています。



骨というのは、壊したり作ったりを繰り返しており、全ての骨が入れかわるのに3~5年かかります。



スクレロスチンは、骨を作るなという指令を出すため、多く分泌されますと骨を作る力が弱くなり、骨を壊すほうに進んできます。



骨を壊すほうに進んでいくということは骨粗しょう症になり、骨の栄養のカルシウムやビタミンDを十分に摂取したとしても、骨の密度が低下してしまうことに繋がります。



ということは、スクレロスチンの分泌を減らし、骨の密度を安定させることが必要になります。



では、一体どうすればいいのでしょうか・・・?




骨粗しょう症を予防するには?②




スクレロスチンの分泌を減らすには、ずばり「運動」です。



しかし、ただ運動をするというのではなく、骨への衝撃が大きい運動をすることが効果的です。



すなわち骨への衝撃が大きい運動としては、早歩きでのウォーキング、ジョギング、テニスなどになります。



水中でのウォーキング、水泳、ヨガ、ストレッチは骨への衝撃が少なく、骨粗しょう症にはあまり効果がありません。



骨への衝撃が大きい運動を習慣づけることで、スクレロスチンの分泌を減らし、3~5年後に強い骨へとなっていきます。



骨粗しょう症の方は、是非今日から初めて丈夫な骨を作っていきましょう!



参考にして頂ければと思います。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 豆知識

脂肪は食べても太らない?

2018年4月17日 (火) 16:02

今回も健康ブログです!



「脂肪は悪!」という油を使った料理や、脂肪の多い肉や魚を食べたら太るというイメージがあるかと思います。



それは、脂肪はカロリーが高いので太るという認識があるのではないでしょうか?



その通りで、脂肪はカロリーが非常に高いものなのですが、イコール太るということではありません!




脂肪は食べても太らない?①





脂肪を食べたからといって、それがそのまま体の脂肪になるわけではなく、食べたものは消化・吸収の過程で分解・合成されて新しい物質に変化します。



脂肪は食べ過ぎると便に出てしまい、体内に残りづらいとされています。



逆に、糖質は100%吸収されて過剰に摂取すると体の中で脂肪に変わっていきます。



脂質の異常な状態をコレステロール値が高いといいます。



「コレステロール値が高いので、卵や肉を控えてください」とお医者さんから言われた人も多いかと思います。



しかし、あまり気にする必要はありません!



なぜなら、コレステロールのほとんどは肝臓でつくられていて、食事によるものは1割程度といわれています。



つまり、食事によってコレステロール値をコントロールしようという努力はほとんど意味がないといわれています。



コレステロールと言ってもいろいろあり、HDL(善玉)とLDL(悪玉)という区別だけでなく、酸化LDLAGE化LDLというものが大きな問題だということがわかってきたそうです。



コレステロールは細かいことも多くあるので、心配な方はしっかり専門の病院・クリニックを受診することをおすすめします。



質のいい脂肪を摂取することは重要で、脂質を避けてしまうとかえって健康を害することにつながっていきます。



だからといって、食べ過ぎには注意してくださいね。



参考にして頂ければと思います。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら




脂肪は食べても太らない?②

カテゴリー: 健康

右利き

2018年4月14日 (土) 12:39

2018年4月13日(金)、NHKのゴールデンで放送の「チコちゃんに叱られる」という新番組があり、その番組の中で「なぜ右利きの人が多いのか?」という内容がありました!



皆さんは、右利きの人が多いのはなぜだと思いますか?




右利き①




それは、まだまだ研究中のことも多いですが、言葉をしゃべる「言語中枢(げんごちゅうすう)」が左脳にあるからと言われています。



脳には左脳と右脳があり、左脳は右半身を右脳は左半身の神経の支配をうけており、言語中枢がある側を「優位半球(ゆういはんきゅう)」といいます。



左脳に優位半球があるということは、右半身を使うことが優位となるため、右利きの人が多いといわれています。




右利き②




日本人の約95%は右利きといわれています。



右利きが多いということから、社会のシステムの多くは右利きの人が使いやすいような仕組みになっています。



例えば、自動改札のタッチ、自動販売機のコイン入れ、はさみ、包丁、パソコンのマウス(左利き用もあります)などです。



つまり、右利き社会システムとなっているということは、右手を使うことが多くなるため、身体も必然的に歪みが起こっています(身体の歪みパターン 下記のイラスト参照)。




DSC_1177




身体の歪みパターンの中で、関節の柔軟性があって、筋力があって、うまく動作がスムーズにできれば問題ないのですが、日常生活の動作や長時間の不良姿勢、運動不足などによって、柔軟性・筋力の低下、間違った身体の使い方になどによって、腰痛や肩こりなどが起こってきます。



ということは治療は、筋肉や関節の硬さをとり除き、身体の歪みをニュートラルにすることが大事となります。



筋肉や関節が硬くなっている身体の歪みは放置せずに、しっかり治療をしていきましょう!




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 豆知識

2018年ゴールデンウィークの営業のお知らせ

2018年4月13日 (金) 12:27

ゴールデンウィークの営業のお知らせです!

 

 

以下の通りとなります。

 

 

 

・4月29日(日) ⇒ 10:00~18:00(予約制)

 

・4月30日(祝) ⇒ 10:00~18:00(予約制)

 

・5月1日(火) ⇒ 通常営業(9:30~13:00・15:30~20:00)

 

・5月2日(水) ⇒ 通常営業(9:30~13:00・15:30~20:00)

 

・5月3日(祝) ⇒ 休 診

 

・5月4日(祝) ⇒ 10:00~18:00(予約制)

 

・5月5日(祝) ⇒ 10:00~18:00(予約制)

 

 

 

になります。

 

 

5月6日(日)以降からは通常の営業になりますので、よろしくお願い致します。

 

 

5月病にならないようしっかり治療・予防していきましょう!

 

 

以上です。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら




_P0A5123

カテゴリー: 当院の情報

コーヒーは体にとって良い飲み物?

2018年4月11日 (水) 08:00

健康ブログです!



「コーヒーを飲むと胃が痛くなる」などと言う人がいることを聞いたことがあるかと思います。



これまで長い間、コーヒーが体にとって良いものか、悪いものか専門家の間でも意見が分かれていたそうです。



では、コーヒーは本当に体にとって良い飲み物なのでしょうか・・・?




コーヒーは体にとって良い飲み物?




ヨーロッパの医学などの統計調査では、コーヒーに糖尿病の発症を抑える効果があることがわかりました。



その仕組みは解明されていませんが、データが証明している結果になります。



またコーヒーは、動脈硬化を抑える効果も報告されています。



ただし、これには条件があり、「挽き立ての本格コーヒーをブラックで飲むこと」なのです!



砂糖をたっぷり入れるコーヒーは問題外です!!



もちろん、缶コーヒーなどのコーヒー飲料は、お話しになりません!!



ゆったりとした時間で、挽き立てブラックコーヒータイムを過ごしていくことは大事ですね!



参考にして頂ければと思います。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 健康

ワインはやせる効果がある?

2018年4月10日 (火) 15:39

お酒をよく飲まれる人必見の内容です!



アルコールは、高カロリーで太りやすいイメージがある人が多いと思います。



以前にもお話しさせて頂いたのですが、「高カロリー  =  太る」ということではなく、量に関係なく糖質の過剰摂取が太る原因になります。



では、アルコールはいかがでしょうか?



ビールや日本酒などの糖質が多いものを多量に摂取した場合は太りやすくなりますが、ワインは別です!




ワインはやせる効果がある?




とあるアメリカの栄養学学会誌に掲載されている論文やいくつかの研究では、ワインは体にいいものであることが証明されているそうです。



ポリフェノールというものを多く含んだ赤ワインは、強い抗酸化作用を持っていて、白ワインは、ミネラルの成分の影響でやせる効果があることがいわれています。



いずれの場合も血糖値を下げるといわれています。



2004年のドイツからの報告では、辛口の白ワインにはやせる効果があることがわかっています。



白ワインには糖質の多い甘いタイプもあるので、あくまで辛口を選ぶようにしてください。



また、飲み過ぎにも注意してください!



参考にして頂ければと思います。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 健康

山根悟D.CのGAPテクニック講座(総論アドバンスコース)2018

2018年4月9日 (月) 13:08

当院のブログをご覧頂きありがとうございます。



施術スタッフの石井です。



昨日は、9:00~12:00(予約制)で営業で、午後から東京都荒川区にある日本総合医療専門学校で、2018年度の「山根 悟D.C GAPテクニック講座」の総論アドバンスコースに参加しました。



山根 悟D.Cは、ゴルフ雑誌の「ゴルフダイジェスト」で腰痛予防、猫背の記事を掲載されたすごい治療家の先生です。




CM180404-104623004

CM180404-104859009

CM180404-104948012





アドバンスコースは、治療の実技中心のセミナーで、様々な治療テクニックを学びました。



首の神経痛、股関節の痛み、不妊についてなどなどです。



骨盤矯正をすることによって、骨盤内の血流改善が大事なんだなということを改めて勉強になりました。



「肝腎要(かんじんかなめ)」というのはこういうことなんだ~!



ためになりました!



懇親会では、山根 悟D.Cにゴルフのスイングについて徹底的に教えて頂きありがとうございました。



今後も患者様のために勉学に励みます!



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら




1512947787315

カテゴリー: セミナー

腰痛に鍼灸治療が効果的であることを発表!

2018年4月4日 (水) 12:04

2017年3月4日の医学雑誌「内科医学ジャーナル」にて発表されました!



米国内科医師会は、鍼灸治療が腰痛に効果があるという科学的な根拠を「強く推奨」しているというカテゴリーに分類されたました。



痛み止めの薬の治療の代わりの治療として、鍼灸と他の薬以外の治療を組み合わせることが推奨されています。



ちなみに従来、腰痛の治療で主流であったオピオイド系の痛み止めの薬は「あまり推奨しない」というカテゴリーに分類されました。



アメリカの病院では、腰痛に対しての鍼灸治療に期待が高まっていることがいえます。



日本でも今後に期待ですね!



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みお方はこちら




_P0A5251

カテゴリー: 腰痛・坐骨神経痛

新年度

2018年4月2日 (月) 09:30

今日から新年度ですね!



新入社員の方が入社する会社が多いと思います。



新入社員の方、ご入社おめでとうございます。



新しいスタートの始まりですね!



これから楽しいこと、辛いことなどたくさんあると思いますが、自分を見失わず悔いのないようにお仕事に励んで頂ければと思います。



まずは健康第一!



体調にはくれぐれもお気をつけください。



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら




新年度①

カテゴリー: 日々の出来事

突然の腰痛 症例⑨

2018年3月30日 (金) 15:10

34歳.女性(教員) 突然の腰痛(ぎっくり腰)




来院前日に下にある物を取ろうとして右手を伸ばした時に腰を痛めた(今回で4回目のぎっくり腰)。



体を前かがみにすることができず、体を反ることも困難な状態で痛みは腰全体にある。



1回目の治療(電気、鍼、AKA-IM療法、キネシオテーピング)を実施後、少し動けるようになった。



来院2回目の治療前に身体の評価を行い、1回目の治療後に痛みがだいぶ軽減しているが、腰の痛みの場所が右側とはっきりしてきて、右腰に痛みが出ないような姿勢(歪み、代償動作)になっていた。腰の動きを評価してみると、腰を前かがみ、後ろに反る動作が怖くてできず、仙腸関節(せんちょうかんせつ)と腰椎(ようつい)が硬くなっている状態。



来院2回目の治療は、硬くなっている仙腸関節と腰椎に遊びをつける(動きをつける)ように治療を行い、治療後、硬くなっている仙腸関節、腰椎が柔らかくなり、背筋が伸びるようになった。しかし、腰の動きに対する不安感・恐怖感が残っている。



来院3回目の治療前に評価をすると、右腰の痛みが出ないような姿勢(歪み・代償動作)は改善され、また腰痛は改善した。しかし、朝起きる時と後ろに体を反る動作の不安感・恐怖感はある。



来院3回目の治療は、不安感・恐怖感をなくすために、日常生活の腰に負担を少なくするような動作の指導と、腰痛に効果的な特殊な体操を指導した。



来院4回目には、腰痛の改善とともに不安感・恐怖感もなくなっていた。




突然の腰痛 症例⑨




急性腰痛(ぎっくり腰)は一度やってしまうと、腰を痛めるような動作が不安や恐怖になってしまい、再び腰痛を繰り返すことがあります。



急性腰痛(ぎっくり腰)が改善しても、動作に対しての不安や恐怖がなくならなければ、根本的に改善したことにはなりません。



慢性腰痛の原因の1つに、不安や恐怖などによるストレスがあります。



できるだけ動かすようにして、腰痛を繰り返さないことが腰痛の治療で重要になります。



是非、参考にして頂ければと思います。





腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 患者様の症例

ポッコリ腹が凹まないのはなぜ?

2018年3月26日 (月) 15:57

メタボや肥満により、ポッコリしたお腹でお悩みの方が多いと思います。



一度ポッコリしたお腹がでてしまうと、なかなか戻すのに大変ですよね。



では、ポッコリしたお腹がなかなか凹まないのは一体なぜなのでしょうか?




ポッコリ腹が凹まないのはなぜ?①




過剰に摂取した糖質が、グリコーゲンや中性脂肪として体に蓄えられるのは、飢餓(きが)の状態にならないようにするための仕組みとなっています。



そのおかげで私たちは、何らかの事情で食事を摂取しなくても、水さえ飲めば1ヶ月近く生き延びることができます。



食事がとれずに血液中のブドウ糖が不足すると、まずは肝臓や筋肉の細胞に取り込まれていたグリコーゲンがブドウ糖に戻されエネルギーとなります。



それがなくなれば、脂肪細胞に取り込まれた脂肪がエネルギーとして使われ、一部はブドウ糖に戻されます。



逆に言いますと、脂肪細胞にある中性脂肪がエネルギーに変わるのは後回しであり、一度溜め込んでしまったお腹の脂肪はなかなかなくならないわけです。




ポッコリ腹が凹まないのはなぜ?②





そういった意味で、糖質の過剰摂取は注意が必要で食事制限が大事となります。



また、ウォーキングや自転車などの有酸素運動は、20分以上行わうことで脂肪が燃焼していきます。



すなわち、まずは30分歩くことを日々続けてみてください。



お腹のポッコリは、腰を反らす姿勢になりやすく腰痛の原因にもなりますので、ご注意ください。



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 健康

なぜ太るのか?

2018年3月24日 (土) 12:12

今回も健康のお話しになります!



脂肪を摂ると太るという印象をお持ちの方も多いと思います。



実は、脂肪を食べたから体の脂肪が増えるのではなく、食べた物は消化・吸収をして新しい物質に分解・合成されていきます。



すなわち、脂肪を食べたからといって、そのまま脂肪になるということではありません。



「糖質を食べ過ぎると太る」ということを聞いたことがある方が多いと思います。



糖質の過剰摂取は、血糖値が上がり肥満の原因になります。



では、なぜ糖質を過剰に摂取すると太るのでしょうか・・・?




なぜ太るのか?①




私たち人間の血液中には、生きるために普段からある程度の「ブドウ糖」いうものが存在し、血糖値が一定の基準(70~140)に保たれています。



もし、血糖値が上がりすぎたり下がりすぎたりしましたら、生命にかかわって危険な状態になってきます。



そのブドウ糖の元となるのは「糖質」で、その糖質には様々な種類があります。



ごはん、パン、パスタ、イモ類などは「多糖類」、砂糖は「二糖類」、ブドウ糖や果糖は「単糖類」に分類され、二糖類はブドウ糖や果糖が2つ連なったものであり、多糖類は多くのブドウ糖が連なったものになります。



食べ物・飲み物として口から摂取したこれらの糖質は、消化酵素によって1個1個のブドウ糖に分解されて小腸(しょうちょう)で吸収し、血液中を流れます。



この時に、糖質をより多く摂取すれば血液中のブドウ糖が増えるのは当然の結果になります。



ブドウ糖が増えている状態ですと、血糖値が上がり過ぎてしまうため、すい臓から「インスリン」というホルモンが分泌され、余ったブドウ糖を処理するように働きます。



その処理とは、インスリンが余ったブドウ糖を「グリコーゲン」というものに変えて、肝臓や筋肉の細胞に取り込んで、血糖値が上がり過ぎないように保っています。



ところが、グリコーゲンとして細胞の中に取り込める量には限界があり、さらに余ったブドウ糖は、今度は「中性脂肪(トリグリセリド)」に形を変えて脂肪の細胞に取り込まれます。



これが、糖質の過剰摂取によって太る原因になります!



つまりまとめますと、糖質を過剰摂取したことで余ったブドウ糖が中性脂肪(トリグリセリド)に姿を変えたものということです。




なぜ太るのか?②




病院での健康診断で「中性脂肪が高い」と言われたことありませんか?



これは「血中中性脂肪値」というものが高く、とくに太っている人は高いことが多いです(血中中性脂肪値は変動しやすい)。



中性脂肪が持続的に高い人は、糖質を過剰に摂取している可能性があり、その場合は糖質制限が必要ということになります。



是非参考にして、健康に気をつけて頂ければと思います。



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 健康

カロリーと肥満は関係ある?

2018年3月23日 (金) 15:35

今回は、健康の食事に関してのお話しです。



ダイエットの食事は「カロリーを制限したほうがよい」ということを聞いたことある方が多いと思います。



はたしてそれは、本当なのでしょうか?




カロリーと肥満は関係ある?①




お酒をよく飲み、よく食べる人(大食いの方は除く)は、必ず太ってますか?



おそらく、太っていない人もいると思います。



例えば、ウイスキー(ハイボール、ロック)のボトル半分が800キロカロリーぐらいあるのですが、それを毎晩飲んでいる人が太っているとも限りません。



なぜでしょうか・・・?



ウイスキーには糖質がほとんど含まれていないと考えられ、言い換えると、糖質(炭水化物)の過剰摂取が太りやすい原因になることが多いからです。



つまり、糖質(炭水化物)の過剰摂取によって、血糖値が上がって肥満が起こるということなのです。



食材でいえば、砂糖の入ったお菓子、清涼飲料水(ポカリスエット、コーラなど)、ごはん、パン、麺類などです。



ということは、血糖値を上げる糖質を控えることがダイエットに繋がるということがいえます(糖質制限ダイエット)!



しかしながら、糖質を全く摂取しないことは、エネルギー源が少なくなって体にとっては危険ですので、絶対にお止め下さい。



糖質制限でのダイエットの数値目安は、1日の糖質量が130g以下が推奨されています。



具体的に、ご飯1膳が150gで糖質量は約55g含まれているといわれているので、糖質制限ダイエットをこれからされるという方は、これを参考に進めて頂ければと思います。



結論、カロリーを摂りすぎると肥満になるというのは、必ずしも本当だとはいえません。



以上です。



最後までお読みいただきありがとうございました。





腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら




カロリーと肥満は関係ある?②

カテゴリー: 健康

卒業式

2018年3月20日 (火) 12:41

寒暖の差が激しい季節ですが、皆さん体調のほうは大丈夫ですか?



体調を崩している方も多くみられますので、体調には十分にお気をつけください。



今日は、あいにくの雨ですが卒業式の学校が多いと思います。



卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。



過ごした思い出は、きっと忘れられないこともたくさんあると思います。



今後も色々なことがあり迷うこともあるかと思いますが、己を信じる道を進んでいってください。



4月からの新しいスタートに向けて頑張ってください。



以上です。



最後までお読みいただきありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら




卒業式

カテゴリー: 日々の出来事

痛みと破局的思考(はきょくてきしこう)

2018年3月5日 (月) 15:00

人は社会的、心理的ストレスなどによって、不安や恐怖にさらされることがあります。



過剰になってくると、不安が強くなって怯えてくるような心理状態になってしまうことがあります。



これを「破局的思考(はきょくてきしこう)」といいます。



痛みも不快な感覚であるため、体にとってはストレスになります。



したがって、痛みが取れないと破局的思考になりやすくなり、そして、破局的思考が続くとなかなか痛みが取れないという悪循環になってくることがあります。




痛みと破局的思考①





破局的思考の特徴は・・・




・ 痛みのため動かなくなる


・ 痛みに対してネガティブ思考になる


・ 痛みへの思い込みが強くなる


・ うつ病になることもある




などで、これらは痛みがますますひどくなる原因であり、慢性の痛みの原因にもなります。



では、なぜ破局的思考が慢性の痛みの原因なのでしょうか・・・?



現在いわれていることは、脳の「偏桃体(へんとうたい)」といわれる部分がネガティブな情動が過剰になっているときに、多くの神経を興奮の渦に巻き込むために、痛みを鎮静する働きが鈍くなっているといわれています。




痛みと破局的思考②




では、どうすればいいのでしょうか?



基本的に、痛みがでたら我慢せずに早めに痛みの治療をすることが重要です!



ですが、痛みの破局的思考になってしまった場合・・・



主に、できるだけ痛みがあっても日常動かすこと、歩くなどの散歩をすること、痛みに対する考え方を変えることが大事なのですが、実際はこれらを実行することは難しいことが多いです。



施術者ができることは、背中を押してあげることしかできません。



やるのは自分自身で、あとは信じられるかどうかです。



参考にして頂ければと思います。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら

カテゴリー: 痛みの知識

2018年3月

2018年3月3日 (土) 08:00

3月に入り、春風が強く少しずつ暖かくなってきました。



花粉症をお持ちの方には辛い季節になりますね。



当院では、花粉症(アレルギー性鼻炎)の鍼治療というものも行っておりますので、ご希望の方はお気軽に当院にお問い合わせください。



耳鼻科でのお薬との併用でも花粉症の鍼治療は可能です。




2018年3月




また3月は。四半期の最後ということでお仕事が大変になってくる時期でもあります。



体の疲れが出てくることも多いですが、早めに予防していきましょう!



当院は3月も元気に営業しております!



腰痛や坐骨神経痛はもちろんですが、その他の症状についても是非ご相談頂ければとおもいます。



以上です。



最後までお読み頂きありがとうございました。




腰痛・坐骨神経痛以外の症状でお悩みの方はこちら




50

カテゴリー: 日々の出来事

はりきゅう整骨院イシイ

【住所】 東京都八王子市めじろ台3-37-7-1F
【アクセス】 京王高尾線「めじろ台」駅徒歩5分
【診療時間】 月~土/9:30~13:00、15:30~20:00 日・祝/10:00~18:00(予約制)
【休診日】 木曜

042-629-9122

ブログカレンダ−

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

facebook

twitter

line

お知らせ

2018.5.20
5/27(日)の予約状況 ⇒ ただいま予約は満了となっております。キャンセルが出てのご案内となりますので、まずはお問い合わせください。 NEW
2018.4.28
2018年5月の休診は毎週木曜日となります。 NEW
2018.1.5
2018年より平日・土曜(木曜は休診)営業に当院に初めてご来院されるご新規の予約がお取りできることとなりました。

FACEBOOK

  • はりきゅう整骨院イシイ | 本サイト

  • facebook

  • line

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop